トップ
 
<< クラニオ体験(肩こり、冷え、子... クラニオお手当て体験・感想(出... >>

2人目の産後 腰・イライラ   40代 

5年ぶりに二人目を出産。二度の出産を通して骨盤が大仕事をしているのを実感した。保育園の送り迎えで歩くのも股関節にどことなくぎこちなさを感じた。
自分の体のケアを忘れがち、後回しとなる。それはやはり腰にきた。ぎっくり腰となる部分が痛い。顔を洗うのさえ痛くて水をつける程度。そんな時に、以前手当てをしてくれたカコサンから連絡が入った。それから数回、泣く子を時には抱っこしながら、手当てをしてもらった。
呼吸が浅くなっていること、骨盤が開いたままの状態にあること、頭で物を考えないようにすること、等など体力が衰えているところに更に、自分の事が後回しになってしまったツケが回ってきたようだった。最初の4,5回は手当てをしてもらっても体が自分の心に耳を傾けているのかどうかわからなかった。8回目ほどからようやく歩くのがしっかりしてきたかな、と少し思えるようになった。
お手当てをしてもらった後に、「だいぶしっかりしてきたよ」と言われる>e0120925_17542660.jpgとそれだけでも安心。10回目くらいで「お手当て」が終わった後、今までとは違う体の解放感とゆるみ(いい意味で)を感じた。ようやく「お手当て」がすんなりと入ってくる体になったという事だろうか。
手当てを繰り返し受ける事で、体だけではなく気持ち的にも落ち着いてきたように思う。耳を軽く引っ張ることで側頭部がゆるみリラックスできるし、落ち着くという事を聞いた。手当ての中でやってもらっている自分も気持ちいい事もあり、息子達にも試してみた。下の子には授乳中に軽く耳を引っ張る。長男は寝るときに。最初の頃は三人で耳を引っ張りながら寝ていた。頭が痛い時や、疲れて寝つけない時にこれをやるとすぐに寝入ってしまうから不思議である。リラックス効果ばっちりだ。
そして今回気がついた事は、手当てによって心が穏やかになっているという事であった。
自分の体が充分に動けない事からくる苛立ちもあったのだと思うがツイツイ上の子をしかってしまう。そういえば、手当てを受けるようになって長男に声を荒げる事が減ったように思う。
手当ての日まで間が空いた時、イライラし始めていた自分に気がついた。そしてお手当てが終わった時気がついた。お手当、受けてなかったからイライラし始め出したんだ、と。
頭蓋仙骨療法は体だけでなく心にも届くのだった。自分の体のケアが息子達にこんなにも影響するんだ、とあらためてお手当ての大切さを感じた日だった。手当ては大げさなものではなく、昔からごくごく身近なものだったはず。触られると気持ちがいい事、自分のケアの必要性もさることながら息子達や我とうちゃんへのお手当ての機会を日常的につくっていこうと思う。

かこから一言 心身一如 他にも子供に怒鳴らなくなったと言う人がいました。
自分は後回しがお母さんの常ですが自分が健全じゃないと良い育児はできないですよね~
[PR]
by kardawork | 2012-04-27 17:57 | クラニオ体験記
<< クラニオ体験(肩こり、冷え、子... クラニオお手当て体験・感想(出... >>