トップ
 
<< クラニオセイクラルバイオダイナ... クラニオセイクラルバイオダイナ... >>

クラニオセイクラル バイオダイナミクスvol.8

だんだん具体的になってきましたね、試しにvol.2を読んでみてください。
2はホント ワカンナイ…って感じでしょ?
ここでは自分がまずやるべき事が具体的に書かれています。

< 施術者支点の確立>
自身の境界を確立、維持し患者システムの境界を尊重すること。
全ての運動、自動性や動きは常に支点のまわりでおこる→支点とは動きを作り出す静止の場

<距離と境界について>
圧や力ではなく意図や暗示を与える。
集中力やタッチの重さ。
施術者が一生懸命すぎる、集中しすぎる…タッチは優しいが注意が優しくない…
患者のシステムとの繋がりに距離感を確立する。

1)楽に座り治療台の頭側にいて意識を自分に向け中立位、施術者支点を確立。
手を前において患者の頭を優しくホールドしていると想像する
どんな圧もかけない優しいコンタクト→施術者支点の再構築。

2)自分の3m後ろ位に立っていると想像する。たとえば腕が長〜く伸びている。
そこでも施術者支点が確立していること→空間感覚

3)充分な空間を感じることができたら少しづつ距離を狭めベストなきょり、境界をつかむ
各々のセッション、体の部位、患者によって、経過時間等それぞれ違ってくる。

[PR]
by kardawork | 2014-03-25 15:33 | クラニオセイクラル
<< クラニオセイクラルバイオダイナ... クラニオセイクラルバイオダイナ... >>