トップ
 
<< クラニオの手 とっさのお手当 >>

<重い偏頭痛の解消から我「インナーチャイルド」の気づき>


ー K、F 35歳2児の母 ー

私は、寝不足や疲れが溜まると頭痛が起きる、いわゆる頭痛持ちでした。
二人目出産後からは頻度が増え1ヶ月に1、2回は物凄い頭の痛みが起こり、嘔吐、寝たきりが2、3日続きました。
どうにか治したいと、総合病院や眼科、整体でみて貰っても「ただの偏頭痛」で改善する気配はありませんでした。
そんな中、かこさんと出会い、クラニオ(お手当)を受ける事にしました。
お手当を受けている時は、「なんかあったかい」「気持ちがいい」「とってもすっきり」くらいでした。

クラニオの治療期間中、初めて、いつもの頭痛の予兆が起こりました。
今までなら頭痛薬を忍ばせ、いつ飲もうかと構えていたが、その日は「あ〜きた〜」と思った瞬間「あ大丈夫!私治せる」と体から聞こえてきた様でした。
その時「私は自分で治せるんだ」と気づきました。
それからは、頭痛の予兆はあっても、寝たきりになる事は無く、あの苦しい頭痛はありません。
私にとって、この『気づき』が『治り』に繋がったと、身を以て感じています。

そして
治療期間中に、もう一つ『気づき』がありました。
長男が下の子(妹)を怒鳴ったり、叩く事に、私は異常にイライラしていました。
長男が妹に怒った理由も、私は分かっているのに感情が止まらない。そんな自分が嫌でした。
クラニオを受けた日「今日はたっぷりリフレッシュできたしイライラしないはず!」とルンルンで帰宅 の はずが‥‥いつも以上に、長男にイライラ怒っていました。
いつも以上に落ち込み、長男の寝顔をみて泣きました。すると ポッと昔の記憶が出てきました。
幼い私が、ひとりで泣いている記憶、「弟ばっかり、どーせー私なんか」という想い。
ただ、私はそれを出し切れていなかった という事。
小さい私は、いっぱい我慢して頑張っていた。涙が溢れました。
その日から、自分が変わった様に感じます。
後に、「インナーチャイルド」というものを知りました。

クラニオがどのように作用したのかはわかりませんが、『気づき』の体験は初めてでした。
今回クラニオを受けた事で、二つの変化があり『治り』がありました。
頭で考えるのではなく、心身が自ら気づき、湧き出てきた治癒力ではないかと感じています。
治療後半年以上たちますが、頭痛の不安はありません。なにより、自分の体と向き合う様になりました。
かこさんの「体ってカワイイ♡」という言葉はとても素敵です。







[PR]
by kardawork | 2015-04-11 11:17 | クラニオ体験記
<< クラニオの手 とっさのお手当 >>