トップ
 
<< 7月6日 オキナワで暮らすとい... 7月3日 末期癌患者さんのお手... >>

7月4日 沖縄で暮らすという事ー映画「Women in Struggle」を観て

 パレスチナの闘い・3人の女性闘志のドキュメンタリ
もう3人とも60代、10年以上投獄されていて、そこで受けた性的拷問を淡々と語る。
たえられず、精神に異常をきたした人,死んでいったオンナ、いるに違いない。
 しかし彼女達は生き残った。
画面の中のあの女たちの顔つきの確かさ、力強さ。
同席していたブティーナ監督の顔とダブる。
彼女の顔が輝いて、ゆがんで、眼をみはらして、食いついてきて、私の心を揺さぶった。
 人ってこんな風に強くなれるのだ。

 昨晩、40年?ぶりに中学時代の友人から電話。
彼女の声は美しく,自信に満ちてて,英語を習い、ピアノを習い、50歳から覚えた
登山にはまっているという。
きっと彼女は温和で優しくて、心豊かで,会う者を和ませてくれるだろう。

 画面の中のパレスチナのオンナ達の顔に見入っている私の頭の中に
時々フッと昨日の友人の記憶が入ってくる。

  日本人ーパレスチナ人
全くの対極にあるのだろう が しかしもっと普遍的な事、人間としての問題ー
を映画の最後に言っていた。

 日本人はいったい 何処に行くつもりなのだろう

[PR]
by kardawork | 2007-07-05 09:46
<< 7月6日 オキナワで暮らすとい... 7月3日 末期癌患者さんのお手... >>