トップ
 
<< 「死」を知る。 他力と自力 >>

トウキョウーストレスの溜り

年末年始に続いて上京した。
貪欲・飽食・飢餓・・・が蠢いている大都会
人間が間違った方向にいっているということがテをとるよう分かる。

帰る日には雪まで振った寒い日々だったのにコーヒーが飲みたくなって毎日飲んでいた。
オキナワでは夏に飲むぐらいで冬に飲みたくなることは決してない私が!

 だいたいコーヒーはからだを冷やすので暑い日に飲みたくなるのは自然な身体の欲求なのだけど身体の感覚が狂ってくるとそういう自然なからだの欲求をキャッチできなくなるし 身体自体がそれを発することができなくなるのだろう。
 コーヒーはストレスに余程効くらしい、もちろん本質的に治るわけではないに決まってるけど。
酒や煙草も右に同じだ。

 この人間のアクナキ欲望をどうしたら本来の平和な魂に戻すことができるのだろうか。

[PR]
by kardawork | 2008-01-24 10:00
<< 「死」を知る。 他力と自力 >>