トップ
 

6月30日 朝4時半起きで辺野古へ

 まだ暗かった。一日の始まりの薄明るい時間はまさに清潔さに満ちていた。ありがたいこと。
6時半には浜に立っていた。カヌー隊は既にウエットスーツに着替えていて出動態勢。昨日は7時から4時ごろまで海にくぎ付けだったということだから、もし今日もそうだったらずっと浜で待機ということになるなー、私も飛び込み隊で海に出た方がいいかなーと思っていたら・・なんと,漁協の総会で今日は作業がないという情報が入った。
      みんなの嬉しそうな顔!
 さあー仕事だー。 ここには身体の壊れているひとばかり。腰痛、肩こりといっても半端なものではない。フツーの感覚では病気の領域に入る人達だ。
朝7時すぎからはじめ昼過ぎには4人終える。みんな悪すぎるせいなのか,よく効いてる。

 ここに来ると なんて気持ち良いんだろう。
海や空の自然の美しさ(西海岸の人工的海岸のつまらなさ)はあたりまえのようにそこにあるのだけど、それをはるかに超える、そこに集まってくる人々の本物さ。それが私を惹きつける。

 午後からあと2人やって 金城祐治さんの命日に行く。(沖縄では49日が終わるまで毎週亡くなった曜日に行われる)

 朝暗いうちからおきて1日6人やっても私は辺野古で元気をもらって帰ってくる。

[PR]
by kardawork | 2007-06-30 11:24

6月24日 意識・イメージ(2)

 Rさんは手当てを受けるとき とても苦しそうな顔をなさる。「この間痛いですか?」と聞いたらそうじゃなくて昼間の不快なことを思い出してたとのこと。
 現実に体験してなくても思っただけで全く同じ効果,ストレスを身体は受ける事ができる、受けてしまう。
道路を歩いていて2,3メートル先に蛇! ちょっと近ずいたら なんだロープだった。
このビックリした時の身体が受けたドキドキは実際はロープだったのだから,少なくなりますか?
いいえ、そんなことはないはずです。
身体は蛇を見たときと同じストレスをうけてるわけです。
それと同じように、狭い4畳半の我家にいるときでもイメージ次第でハワイの海辺,やしの木陰で昼寝しているのと同じリラックスを身体は体験できるのです。
だからRさんは不快なことを思い出しただけで2倍のストレスを受けてしまったことになります。

 意識が人をどんなところにでも導いていきます。だから私は幸せになる!と信じたら必ず幸せになれるし、健康になることを疑ってなかったらそうなれる。

[PR]
by kardawork | 2007-06-24 19:54

沖縄・6・23・慰霊の日

夏本番の素晴らしい上天気。
昨日は「恨の碑」建立1周年で韓国からのお客様を迎えてセレモニーと証言集会。
 今日は10時にアブチラガマに行き、お花,お線香をそなえ「アリラン」を唄ってくる。
その後、平和公園近くの魂魄の塔での集会へ。

 平和の創造 を考える。 こういうことも必要なことなのだろうけど、もっと創造的な前向きな事!
  

[PR]
by kardawork | 2007-06-23 16:55

6月14日 辺野古へ

座り込みテントに行ったら誰もいない!
「これは何かあったんだ!」
 本部に入ったら、ナツカシイ 猛者のオンナ達が4人ウエットスーツを着て待機していた。
「調査船がきて、アワヤッ!!とイロメキダッタが、もづく船だった」
その後,飛び込み隊、カヌー隊が戻ってきて20名たらず 反省会?を開いていた。

 「コウシタイ!」という強い望みがあったら具体的に、絵に描くようにイメージする。夢は必ず現実化する・・・・・。

だとしたら辺野古沖軍事基地はハッきりした青写真も出来ていて完成してしまうじゃないか!?

 
  -それを阻止するのは並大抵のことではない。それをみんなはやっている、日常の
   仕事としてやっている。1週間前?も調査船がきてカメラを設置しようとしたのを阻止
   したそうだ。辺野古はヤレルンジャナイカと感じているー

 間違っていることに反対する。正していく、ことはとりあえずしなければならないことだ。しかしそれだけではゼッタイに足らない。

 平和を具体的に,絵に描くようにイメージする。ハッきりした青写真を描く事だ。

こう書いていてフッとわかった!ゆうじさん(金城)が言ったこと。

 「平和はあるんじゃない、平和はまもるべきもの、つくりあげるもの」 だと。
そうなんだ創らなければならないのだ、 平和は。 
[PR]
by kardawork | 2007-06-18 09:33

6月12日 肉体ー幽体ー霊体ー本体

人間のからだはこの4ッツからできているそうだ。死は肉体が消滅するだけ。
色んな人のからだに手を当ててるとこういうことがすごく納得がいく。
手当てをしていて 良くも悪くもすごく反応する人と,あまりこない人とに別れる。これはなぜなのか?反応しない人は悪いところがないのか???
 最近ちょっと思ってること。もしかして自分の感覚 私の気持ちが反映されるのか???私が探り出したいとおもってることが相手の反応として出てくる???
 ともあれ 人間のからだ、能力というのは果てしがないものだと思っている。それを科学で実証できないからハナカラ馬鹿にする人にいってやりやい。
 科学がどれだけ遅れているか・・・と
 

 (昨日の何故徴兵制か? Rさんのお父様,70?歳が心配して電話をしてくるそうだ
  このままでは 徴兵制になってしまう と}
[PR]
by kardawork | 2007-06-12 15:01

6月 11日 沖縄ー辺野古ー徴兵制

 辺野古沖に軍艦が来てから、フリーの報道カメラマンのM氏が再び(三度?)くるようになった。彼はずいぶん以前から辺野古を取材してる人で、東京から 1週間、2週間の日程でやってくる。そしてみずからカヌーをこぎ、海に飛び込み支援をしている。
ヒマをみつけては私のところに手当てをうけにきてくれるのだが、その彼から私は情報をいただいている。金城祐治さんの死もからからその日に聞いた。


 きのう調査船がきたそうだ。 カメラ設置のため。 みんなで追い返したとの事。私はときどき辺野古にいって戦っている現場の皆さんの手当てをさせてもらっているのだが、体制側がその気になったらいっぺんにできてしまうのではないかと感じている。
 でも今は少し違ってきた。「もしかしたら辺野古はがんがれるかな?」

[PR]
by kardawork | 2007-06-12 14:33

6月8日 右翼ー左翼

 一水会木村氏来沖 の記事に長野県の友人が感想をメールしてくれた。
右翼ー左翼という言い方もう死語かと思ってた」それ読んで改めて、大和、沖縄の格差、ズレを感じた。
 
 移住当初、沖縄の経済格差は日本でおもってる以上のものだとよーく感じた。たまに,東京、京都に行くと、車がピカピカで立派なこと!

しかし今は違う。ほんとに沖縄は大和に比べてお金がないか?そう思い込まされてるだけじゃないか?
大和においつかなければ 自分達は一人前にはなれない?沖縄貧しい。そうやって政府はマインドコントロールしてだから基地経済に頼るしかないのだと持っていく気だと邪推してしまう。

たしかに沖縄は置き去りにされている。置き去りというのは着いていく相手がいると思うから置き去りということが成立するえわけで、自分は1人だとおもえば置き去りもへったくれもないのだ。

     沖縄は違う!
 花、木々、空気、匂い・・・それらは大和よりずーっとタイに近い                     アジアという感覚を忘れてしまった日本なんかより なつかしいにおいがする

[PR]
by kardawork | 2007-06-08 19:22

6月5日 実は5月29日MY BIRTHDAY

たまにはいいか!と、思い切って桜坂劇場に映画を観にいく。
 
 3時にいえをでて、まずは 沖縄画廊へ 。ここは何年来の私の顧客、上原美智子さんの御つれ合いが随分以前からやっている画廊の老舗で去年 南風原の自宅に新築したもの。
スッきりした、いかにも都会的な内装で沖縄では異空間。
ここで絵など観ているとリッチな気分になるのだ。
 それから図書館へ。
「快癒力」「利休とその妻たち」を借りる。そしてリクエスト。ホントに借りたい本もあるけど、知人が出したり、応援したい本を買っていただくわけ。それから国際道りをあるいてスターバックスへ、楽と待ち合わせ。楽はスタバが好きで彼の奢り。

 中国映画「孔雀」を観た。(翌日しみじみ良い映画だなーと感じ入った)パンダ餃子で水餃子とお粥を食べて、オウチに帰る。


    こうやって 並べて 反芻すると 静かな幸せ気分がよみがえる。
  
                            2度おいしい!
[PR]
by kardawork | 2007-06-05 11:43