トップ
 

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

蝶形骨

産後1週間のMさんの3度目のお手当。
そろそろ終りに近づいた蝶形骨の時
Mさんの蝶形骨が私の手にスッポリはまって
ゆらりゆらり、フワフワと宇宙遊泳しているような感覚!
いつもはコメカミに当てた
親指が右側、左側に誘導される感覚に従ってついて行く感じだったけど…

それは指と、蝶形骨は分離したもので、この感じは一体感。
そうか!この感じ、これで良いんだ!

そして家に帰ったら待ち望んでいた本が届いていた。
「フィールド響き合う生命・意識・宇宙」
精神世界スピリチャリティと科学の融合。
ニュートン、ダーウィン、量子力学、電子、原子……
と私には縁のない単語が羅列で訳分かっんないだけど
面白い!
Mさんの蝶形骨体験がそれに繋がって行くと思えます。
e0120925_1933115.jpg

[PR]
by kardawork | 2013-02-08 17:15 | クラニオセイクラル

顎と腰

夜明け前、布団の中であることに気づきました。是非みなさんと共有したいです。少し長くなりますが読んで下さい。
11月20日より母親を引き取り、それからずっと舌の右奥、横奥が痛い。口内炎だと思っていました。
夜中にふと気づいたんです。ベロが右奥歯にいつも触っていて、擦れてるんでした。
舌が動いたわけではない。顎が曲がった!あごが左に寄ってしまい、ベロが真ん中に収まらなくなってしまったようです。
さて、そのズレを確認しましょう。
下顎角という場所。顎のエラの角です。これを下からうえに向かって、後ろから前に、そして内側にむけて軽く左右同時に押します。
何処か、何方かいたかったらそこがずれている箇所です。これはどの箇所でも同じです。

私の場合はみぎが内側に向かって押す時痛いです。
原因は腰が有力です。舌の痛みと同じ時期から腰痛が悪くなっていました。
腰と顎の関係は密接だと身をもって体験したわけです。
顎の歪みは腰をまずは治すこと。そして環椎のお手当。これは皆さん次のの段階です。
下顎を上にむけつつ、下向きにに誘導する、これも次の段階ですが布団の中でこのお手当をして、右腰から梨状筋、踵辺りまで、ジーンと響いてきます。
そして下顎がくっいてい側頭骨、耳のお手当。これを繰り返すことで、もどってくるものと思います。
特にに腰痛の方は下顎角の歪み、確認してみてください。
e0120925_2312256.jpg

[PR]
by kardawork | 2013-02-02 23:02 | クラニオセイクラル

デイサービス和ごころで

最近は私もばあちゃんもずいぶん慣れて、というより私が慣れたんだな~
おもえば本人のばあちゃんは11月にきた時から、ずっとマイペース!
あの時は心底「大丈夫かなー」不安と心配が満ちていた。
歯もからだも丈夫なうちのおばあちゃんの介護はずいぶん楽なんだと思う。
年金に入ってた事、丈夫な歯と身体、少々のボケは介護してくれる子供孝行!ですねe0120925_233181.jpg
[PR]
by kardawork | 2013-02-02 08:52