トップ
 

赤ちゃんがいっぱいー練習会

凪ちゃん、陽太郎、めいちゃん
4ヶ月のベビーとの練習会はオッパイ、オムツ換え、抱っこダッコの泣き声と、とっても賑やか!
ママは大変、タイヘンだけど、そのナチュラルなエネルギーの高さに皆さん救われもします。
私は孫がたくさん!の気分で楽しみます。
e0120925_12354877.jpg
e0120925_12394689.jpg

e0120925_12344228.jpg
e0120925_1236438.jpg



[PR]
by kardawork | 2013-09-23 12:41 | クラニオセイクラル

おまけ講座ー亀甲久美子さん

6回の練習会が終わって、本日おまけ講座を受けました。
練習会に出る度に、いろいろな気づきがありますが、
今回も自分の癖にいくつか気づかされました。

まず、内旋が終わって足を引く時に、かこさんの体の動きを
感じ取ろうとするあまり、私の体に力が入っていたようで、
それをかこさんが圧迫感として感じたということがありました。

自分としてはそれほど気負っている感じはなかったのですが、
指摘があった後、体を心持ちゆったりとさせ力を抜くと
かこさんが感じる圧迫感はなくなったそうです。

こちらの緊張やこわばりは、すぐに相手に伝わってしまうものですね。
手当をする側が終始リラックスしてゆったりとした気持ちでいることが
いかに大切であるかを改めて実感しました。

また、丹田や横隔膜に当てた上下の手を抜く時に、
私は今まで、下の手をから抜き上の手をを抜いていましたが
これは順番が逆でした。上に乗せた手をはずした後、
その手を相手の体に軽く当て、下の手を抜くのが自然だと
わかりました。
その他にも下の手の入れ方なども、自分では気づかなかった癖を
指摘して下さり、今回のおまけ講座の細かい指導のおかげで、
次回からはだいぶ自然な形で手当ができるのではないかと
思いました。

最後の耳は一番苦手で、今日もあまりうまくできませんでした。
やる前から苦手意識があるので、これは回数を重ねて
慣れていくしかないと思いました。

講座の後のお茶会はとても有意義でした。
かこさんが庭からお花を摘んで一輪挿しにし、
用意したお菓子を睡蓮の葉に乗せて、とても心温まる雰囲気の中、
私は初めてお茶の点前を経験しました。

茶の心と作法がクラニオの手当をする心構えに
共通するものがあるということが、何となくですが、
わかる気がしました。
それ以外に、このお茶会を通して、師匠と弟子との
心の通い合いというか、つながりができた感じがして
とても嬉しく有難い経験でした^^

かこさん、今までの講座とお茶会ありがとうございました。
そして練習会でご一緒させて頂いた皆様とのご縁に感謝します。
これからも可能な限り練習会に参加し、クラニオの世界を
楽しみたいと思います。 亀甲 久美子
e0120925_12113523.jpg

ー かこからの返信ー
とても心地よい足のお手当がだんだん小指がわに圧迫感をかんじるようになったのです。
頭を上げて覗き込んでみるとそこには手は当たっていません。
そう私が言った途端楽になった!
久美子さんからスッとチカラがぬけたのですね。

以前練習会で頭をぐーっと下げて集中してますー!というスタイルでやってる方に
「意識が固定されてしまうから良くない」と言ったことがありますがその上
受け手の方にもダイレクトに固定感が行ってしまうのですね~

手の抜き方、全てそうなのですが、ヨガでもそうです。
行った順序で戻るのです。

折り紙を思ってください。
折ったおりがみを元の一枚の紙に戻す時、きた順序を無視したら破れてしまいますよね。(これはお茶の心得も同じだとおもいます)

お茶会の時、久美子さんがフラワーレメディーの話をしてくれました。
庭からつんだ一輪のヤナギバリュウセンラン(あってる?)
この花をフラワーレメディーにする。
夜明け、その日最初の湧き水を採ってきて花の一番盛りのときに摘み取り湧き水に浸す事3時間。
それで転写できるそうです。
選ぶ花は自分自身が感じた花!よりエネルギーの高い花
そう思って花を見つめるとずいぶん違った表情が感じ取れるものですね~

久美子さん
美味しい和菓子持参で拙いお茶にお付き合い頂いたことありがとうございました。
本当に楽しい良い時間を頂きました。





[PR]
by kardawork | 2013-09-22 17:42 | クラニオセイクラル